スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発的新企画 ネットの片隅で、読了後の萌えを叫ぼう!

ということで、タイトルそのまんまでございます。
ご紹介作品をお読みになった方と私との、読後作品への萌え…をだだもらししようという企画でございます。
本当に、ご紹介作品を読了なさった方のためだけの、限定記事でございます。
記事ともいえないと思う…ただ、叫びたいだけの場所だったりしますので、同じように、叫びたくなった方だけお読みくださいませ。では、以下、帝王に愛された女への叫びでございます。
どうでした、どうでした?激辛でございましたでしょう?皆様、大丈夫でございましたか?
もう、ティシアが可哀想で、可哀想で、たまりませんです。
今回、ご紹介のために、久しぶりに読んだのですが、もう、また、このやるせなくも、苦しい思いを再び味わってしまった…。
ジェライがもうゆるせないですぅ~。そして、何より許せないのは、早死にしてしまったこと。
もっと、もっと、のたうちまわって後悔に苛まれて欲しかった。
Cherryさま、こんなひどい男をさっさと普通に死なせてあげるなんて、お優しすぎます!
ティシアがあんな目にあったのも、
その後の人生を復讐だけを目的に生きていかねばならなかったのも
オーシライが滅びたのも、
ライカとクレイドがあんな最期を遂げなければならなかったのも、
元はといえば、
み~んな、あんたが悪い!

そして、ティシア~!
ううう…、もう、泣くしかないかも。
ううう…、わかるけど、わかるけど、わかるけど、
あなたには、もっと、幸せになってもらいたかった…

子ども世代については、物語としてはめちゃくちゃおもしろいけれど、
とっても、とっても楽しませていただいたけれど、
だけど、なんだってあなたたちは、不幸への道をつっぱしるんだ~っと
しかりつけてやりたかったですぅ~
ティシア、わかるけど、わかるけど、復讐は、あなた一人の代で
終わらせるべきだったよん、やっぱり~

一番可哀想なのはクレイドかも。
シュアトルも哀れっちゃあ憐れだけど、まあ、主役じゃないし、
知らぬが仏とも言うし、初恋のティシアと添えたのだから、
いいかなと。
やっぱり、メインの4人の中では一番わりがあわなかったのは
クレイドですよねえ。
元凶の父親は賢帝と祀られて、尻拭いをすることになった彼は
愚王と蔑まされるなんて、ほんと、ふんだりけったり。
あんな父親をもったばっかりに。
君には何の罪もなかったはずなのに…。
最期がライカと一緒だったことに読者として、せめてもの
慰めを感じるなんて、ううう、やるせない…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オンライン小説の「帝王に愛された女」は私の大好きな小説の一つでもあります。

そして、ティシアの復讐劇は確かにティシアの時代で終わらせるべきでした。

そう思っていたのが、私だけ?と思っていたのですがココにも同士がいたんですね。

うれしすぎ(><。)

復讐という名の泥沼に使ってしまったティシアもその泥沼から抜け出す事が叶わなかったライカもとても悲しいです。

私が書くんだったら、徹底的にジェライに後悔させる最後を書くのに……って思ってしまいました。




はじめましてー!

ネット小説に嵌って読みまくり、こちらを発見!私の大好きなネット小説がある中、知らない方の作品も多々あり拝読させて頂いています。
はっち様ご推薦の作品、本当にハズレ無しっ!夢中で読み、ハァッと溜息ばかりついております。で、今年の3月には小説サイトを立ち上げたものの、ネット小説を読むほどに己の未熟さを恥じています。が、好きなものは好きなのでこのまま恥を晒していこうと思っています。(苦笑)

こちらも、先日読み終えたばかり!!私メもジェライが悪いっ!もっと長生きして、罪を償ってから死ねっ!と叫びたいですっ!しかし、ティシァやライカが復讐に燃える様は結構ツボだったりいたします。書いてみて初めて分かったのですが、作者であっても主人公がいつの間にか作者の思惑と違う方向に走ることもあるので(私だけ?)ティシァもそうだったのかなぁと思ったりします。
しかし、最後はやはりやるせないですねぇ。ハッピーエンドに慣れているので激辛が心に沁みました。

へろ様、蒼井うみ様
叫ぼう企画へのご参加、ありがとうございます!
ですよね、ですよね、ジェライは、後悔と懺悔が、足りなすぎますよね~!
ドラマティックな物語が大好きな私メも復讐モノ、好きです、もちろん。
でもやっぱり、復讐は、当人同士が生きている間にドンパチやっていただきたかった。
帝王に~限って申せば、どうせなら、ジェライが生きている間にめったんめったんに、やっつけてもらいたかったですよォ~
クレイドが哀れすぎるぅぅ~
と思いながらも、復讐が二世代に渡っていくと、復讐する方も、される方も、自分の恨みじゃないだけに、それぞれが身もだえ?モード全開になるわけで、それはそれでまた、ツボだったりするんですよねえ。
(それと、女性陣が、ちゃくちゃくと復讐を推し進めるところ、私もすごくツボです)
とにかく、帝王に~は、何度読んでも、本当にぐらんぐらん心が揺れてしまいます~
できることなら、ティシアの孫娘が、恩讐を超えて幸せになる話を読ませていただいて、この胸のグラングランを、なんとかしたい~!

以下は管理人が頂戴したメールからの抜粋です。
お客さまのお許しを得て、転記させていただきました。Aさま、ありがとうございます。

「帝王に愛された女」
これはほんっとーに、初めて読んだ時の衝撃が忘れられません。
悲恋系オンノベは数々あれど、ここまで先の展開を裏切られたサイトさまはありません。(「蒼い月」しかり「forever you」しかり)

私は基本はやっぱり甘々ハピエン系が好きですが、たまぁに甘酸っぱいものや、じれったいもの、すれ違いものが読みたくなる時があります。
さしずめ甘いショートケーキが普通に好物ではあるが、たまにはこってりしたレアチーズ、甘酸っぱいレモンタルト、ほろ苦いガトーショコラやザッハトルテが欲しくなるような感じで……。

しかし、たまたま「愛憎」キーワードでたどり着いたcherryさまのサイトは、そんな「ちょっと甘々に飽きたから、雰囲気が違うものを読んでみようか」なんて軽い気持ちをマグニチュード7レベルで吹き飛ばしてしまいました。

あれだけキャラ達が思い悩み、愛憎入り交じり、自分の人生を賭けて相手に体当たりでぶつけているのに、みんな最期はあまりにあっさりしすぎて…(つД`)

それがまた「なんで幸せになれないの?!」と切なさや不条理さを倍増させている気がします。

「帝王」は私も続きを密かに待っていますが、cherryさま自身が日本にいらっしゃらないみたいですよね。母国ではネット環境が身近でないのかな、と。それなら仕方ないですし、「帝王」は第二部までと思うように自分に言い聞かせています。(cherryさまが日本人ではないらしいと知った時も衝撃でした。ここまで日本人以上に日本語を使いこなせているとは…。日本人として立つ瀬がない……orz)

長々とすみません。
「帝王」の紹介で私もヒートアップしまして(〃_ _)σ∥
長文乱文、まとまりのない文ですがお許し下さい。

以下は拙宅に寄せられた帝王に愛された女への感想です。お客様のお許しを得て、転記させていただきました。Rさま、ありがとうございました。

「帝王に愛された女」今日ようやく読了しました。圧・巻!ですね。読み終わって読了後~の方拝見したんですけど皆様と  同意見です。(他人様の意見をこうやって見れるの良いですね)ジュライ、早く死にすぎ。でもそこが またやるせなさや無常感を煽っているのかも知れません。私としては、復讐を貫く女性が好きだったり  するので、今回の話しは大好物でした。ハッピーエンド物より「やるせない!(涙)」と叫んでしまう ような話しが好きだったりします。しかし、叶う事なら続きが見たいですね。かなり気になります。

はじまして

はじまして。
いつも素敵な作品をご紹介下さってありがとうございます。
cherry様の「帝王に愛された女」もはっち様の推薦文に興味を惹かれて読了いたしました。

以下萌えの叫びです。
作中、ジェライのしでかした事は確かに許しがたく、ティシアが可哀想だと思ったものです。
考えてみればジェライ達にティシアが復讐の念を抱かなければ、クレイドとライカが出会う事も無かったし、愛し合う事もなかったから運命って不思議だなぁと思いもしました。(結局ジェライの帝王としての器と相反するティシアへの態度に苛立った事には変わりがないのですが)
そして第一部、第二部と母子二代と周囲を取り巻く壮大な愛憎劇にこの作品が大好きになっていました。
第三部はどのように話をつなげてくれるのかとても楽しみにしています。

萌えご参加ありがとうございます!

武市さま
いらっしゃいませ~
ご参加、ありがとうございます!
武市さまがおっしゃるとおり、愛憎が二代にわたる物語は、親世代のカップリングが上手くいかなかったからこそ、次の世代のカップリングが成立し、尚且つドラマティックに盛り上がるんですよねえ。
ともかく、作者さまのストーリーメーキングのうまさにヤラレましたね(笑)
第三部を期待したいですが、他の方からの情報ですと、現在ネット環境が余りよくない外国にお住まいとか。
オンノベファンは待つのに慣れておりますが、いつの日か(五年後とか、10年後とか?)続きを読ませていただくことを楽しみに待たせていただくしかありませんね~
でも、もしも第三部が書かれるとしたら、絶対、恩讐を超えたハッピーエンドになると思います!
ご参加、ありがとうございました!
これからも、よろしくお願い申しあげます!
はっち 拝

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

FC2カウンター

プライベート
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

はっち

Author:はっち
オンライン作品のファンです。
好きが昂じて大人の女性向きのオンライン作品紹介ブログCocktail Break を立ち上げました。またこの度、少女漫画テイストの作品をご紹介する新館放課後のCafeも開設いたしました。こちらはその楽屋裏です。
直接こちらへおいでになったお客様もぜひ一度お運びくださいませ。本館 CocktailBreak

新館 放課後のCafe

最新記事
カテゴリー
ユーザータグ

お返事 拍手 更新報告 お知らせ 日常 読了リスト ぼやき 萌え叫び  * 

メールフォーム
クリック募金
お世話になっているサイトさま
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。