スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

き、決まらない !?

週末に更新しようと思っていたのですが、歴史ファンタジーの復讐ものか、主従ものか、現代の幼馴染ものか、どの作品をご紹介しようかと迷っているうちに、週が明けてしまいました…(^^ゞ
そして、未だに決まらなくて、うだうだしております。
スカーレットのように、未読のすてきな作品に出会って、その読後の興奮が醒めないうちのご紹介はと~ってもスムーズなのですが、さて、どれにしようかと悩んでしまうと、決まらないんですよ、何しろ優柔不断なもので。
今は特に他に気をとられていることがあるもので、パソコンの前に坐っても、ついついそっちを弄ってしまう。
ご紹介作品が決まれば、あとは割りと早いのですが…。
うー、どうしましょう。
幼馴染ものはまだ連載中、主従ものはすでにご紹介したサイトさまの作品、復讐ものは、読後感がけっこうキツイ…どの作品もおもしろいのですが、いざ、ご紹介となると、今ひとつ、決め手にかけるような気がします。
皆様なら、上の三つのタイプの作品のうち、どれがよろしいと思われますか?
せっかくリクエストいただいても、お待たせするばかりで、ちっともご要望にお応えできないふがいない管理人でありますが、皆様のご意見や、ご要望は、怠け癖のある私メにとって、非常に貴重な着火剤となってくださいます。
お優しい皆様、よろしければ、三つのうちのどれという一言で、管理人を焚き付けてくださいませ~!

拍手、ありがとうございます!
更新直後に、拍手が増えますと、メッセージはなくとも、きっとご紹介作品を楽しんでいただけたのだなと勝手に解釈して喜んでおります。
以下は拍手メッセージくださった方へのお返事であります。
ロマコメ好きさま
神経衰弱?のサイト様、連載のおっかけこそがぶらなかったものの、実は完結なさった作品の中には、いずれご紹介しようかなと思っていた作品があったりします。どのサイトさまのどの作品かは内緒…ということで、お楽しみに!ところで、Nから始まる作品、はずれましたですよ。あれれのれぇ~?もしかして、ロマコメ好きさまもご存知ないのだろうか?絶対にご存知だと思うんですがうーん、とにかく、それならば、ぜひともご紹介せねば!でも、いま少しお時間頂戴させてくださいませ。もう少ししたら物語が落ち着く?と思いますので、そうなってからのほうが、私メもご紹介文がしやすいのです。物語がどっちへ転ぶか?わからない時点でのご紹介はまずいかなと…。いつもいつも、大らかで暖かな励まし、本当にありがとうございます。ロマコメ好きさまのお言葉は、本当に励まされます。

6月12日 メッセージくださったお客様
メッセージ、ありがとうございます。個人的な趣味に走ったご紹介ではありますが、実は、心中、ご紹介作品は皆、凡庸ではない、一味違う作品ばかりだと、紹介させていただく者としてのささやかな自負とプライド?がございました。お客様の、一味違うというお言葉は、それを認めてくださったようで、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

6月13日 メッセージくださったお客様
メッセージありがとうございました。外れがない…わぉ~!私メの趣味を認めてくださって、うれしいです。では、これからも私メの趣味満載でご紹介してまいります。歴史とファンタジー、うーん、歴史風ファンタジーという意味でしょうか、それとも、実在の時代ものと、ファンタジー世界作品と、両方がお好きという意味でしょうか?上に述べました次回ご紹介候補作品のうち、二つが、架空史ファンタジーであります。(魔法や不思議のない歴史風ファンタジー)よろしければ、どちらがよいか、ご意見、お聞かせくださいませ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プライベート
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

はっち

Author:はっち
オンライン作品のファンです。
好きが昂じて大人の女性向きのオンライン作品紹介ブログCocktail Break を立ち上げました。またこの度、少女漫画テイストの作品をご紹介する新館放課後のCafeも開設いたしました。こちらはその楽屋裏です。
直接こちらへおいでになったお客様もぜひ一度お運びくださいませ。本館 CocktailBreak

新館 放課後のCafe

最新記事
カテゴリー
ユーザータグ

お返事 拍手 更新報告 お知らせ 日常 読了リスト ぼやき 萌え叫び  * 

メールフォーム
クリック募金
お世話になっているサイトさま
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。