スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新報告

2008.1.8.
新たに、「飼い犬」(平坂様) ご紹介させていただきました。
性描写が結構露骨なので、ダメな方はダメな作品かもしれませんです。
でも、おもしろいんですよねえ。
自分がおもしろいと思った作品を、気ままにご紹介させていただくブログですから、そこのところは、もう開き直ってのご紹介です。
スポンサーサイト

更新報告

2008.1.9.
「大皇女シューカ」 のご紹介ページにはっちのメル友S様の感想を追加掲載致しました。メールの中で語られた、読後すぐの熱い感想で、はっちしか読まないのはもったいなく、シャイな彼女の許しを無理やりとりつけました。シューカのファンとしてはもう、うんうんそうなのよぉ、そのとおりだわぁと、うなずくことしきりの、拙文など足元にも及ばぬ、すばらしい感想です。ぜひお読みになってシューカの魅力を感じ取っていただきたいです♪

年齢制限について

2008.1.11.
FCフォーラムでテンプレートのカスタマイズの件でお世話になった際、拙宅の区分(アダルトか一般か)に対してご指摘をうけました。年齢制限のある作品やサイトさまのご紹介をしていても、ブログ自体には年齢制限は設けていないので、今までは一応、一般としてきたのですが、実はこのままの区分でよいかどうか少々迷っておりました。よい機会ですから 【 雑談掲示板 】 の方で質問させていただき結論から申しますと、今後は「一般、性的な表現を含む」と区分することに致しました。フォーラム投稿のための区分ですし、何の異論もありませんが、拙宅の年齢制限について考える機会になりした。
年齢制限のあるなしに関わらずおもしろい作品をご紹介させていただこうと立ち上げた Cocktail Break ですが、はっちの予想以上の数のお客様をお迎えしたことも有り、このままでよいのだろうかと、正直少々迷っております。記事自体は年齢制限をもうけるには値しなくとも、ご紹介するということは、それらの作品があるサイトさまと直結するということですから、CocktailBreak でも年齢制限を設けるべきかもしれないと。
また、ABOUT (紹介作品について) では文章力や説得力はもちろんのこと、性的表現以外の要素、キャラの魅力やドラマ性、情緒と言った女性好みのロマンティズムを兼ね備えているとはっちがを感じた作品であれば、アダルト系の作品であってもご紹介していくと宣言したのですが、それは撤回するべきかもしれないと思っております。少なくとも、年齢制限を設けずにこちらでご紹介するのは控えるべきであろうと。
そもそも、アダルト系の作品とひとくくりにしてしまいましたが、その定義からして非常に微妙で困っております。IT用語辞典ではアダルトサイトとは男性向けの性的な内容を含む画像や映像、音声などを提供するサイトのこととされ、はてなダイアリーでは性的な内容を含み、未成年が閲覧するにはふさわしくないとされる内容が多く書かれているサイトの総称とされています。
では年齢制限サイトはと言うと、IT用語でもはてなダイアリーでもヒットしないのですが、年齢制限のあるサイトが全て上記のアダルトサイトに当てはまるかといえば、そうとは申せません。
創作系のサイトさまは、自主的にご自身の判断でサイトや作品に年齢制限を設けておられますが、その理由はなによりも、作品を正しく理解してもらうためにふさわしい年齢の読者に読んでもらうためと、読者が苦手な表現のある作品を読み、不快な思いをするのを未然に防ぐためである様に思えます。若年層がその年齢にふさわしくない作品に触れるのを避けるという意味もありますが、具体的な表現として何がふさわしくないかという話になると、その基準は非常に曖昧でばらつきがあります。オンライン作品の中には18禁とする必要はないのではないかと思われる作品もあれば、逆に年齢制限を設けないのはまずいんじゃないかと感じる作品もあるのです。現在【 自作小説用・自主レイティングマーク 】 の設置など、オンライン作品の対象年齢・年齢制限を一律・一定の基準で確立していこうという動きがあり、大変有意義で必要なことと思いますが、残念ながらまだ一部にしか知られておらず、定着もしておりません。
ご参考までに、そのレイティングマークにおける性表現の基準をご紹介します。

【12歳以上対象】 PG12 一般PG12 
12歳未満の方の閲覧を禁止するものではありませんが、閲覧には保護者の同席または同意が望ましいと作者が判断した作品です。
15禁・18禁に該当する表現は一切ありませんが、作品によっては、物語の必要上、下記のような表現を1つ以上含む場合がありますので、年齢以下のお子様の閲覧には充分ご注意ください。
・下着の露出があります。
・性的な行為(ディープキス・ペッティング・マスターベーションなど)が出てきます。
・性行為が出てきます。(ほのめかし~軽度な性描写)
・性器の名称が出てきます。
・レイプ・輪姦がでてきます(ほのめかしも含む)。
・倒錯的性愛行為(SM・近親相姦・獣姦・ロリなど)が出てきます(ほのめかしも含む)。
・売春・買春行為・援助交際などが出てきます(ほのめかしも含む)。
・具体的描写を伴う痴漢行為・セクハラ・不倫などがでてきます。
目安 図書館の一般書籍コーナーにある本程度
性描写のあるBL作品のうち性描写を主な目的としないもの
Hや、やや残酷な描写のある普通の作品

【12歳未満の閲覧禁止】 12禁 R12 一般
15禁、18禁の内容は含みませんが、内容的に12歳未満にはふさわしくないと作者が判断した作品です。
12歳未満の方が読むことを禁止します。
目安 表現レベルはPG-12でも、特に作者が小学生には読ませたくないと思うもの

【15歳未満の閲覧禁止】 15禁 R15 一般15R
15歳未満にはふさわしくない内容を含むと作者が判断した作品です。
15歳未満の方が読むことを禁止します。
作品によっては、下記のような内容を含む場合がありますので、禁止年齢でなくても苦手な方は充分ご注意ください。

性愛・性行為の詳細な描写があります。
目安 ソフトな官能小説(女性向け官能小説や、性描写を主目的としないもののやや濃厚な性描写がある作品)
BL作品のうち性描写を主な目的とするもの
残酷描写・恐怖その他の目安はR-15指定映画やC区分ソフトなどを参照のこと

【18歳未満の閲覧禁止】  18禁 R18 成人R18
18歳未満の閲覧にはふさわしくない内容を含むと作者が判断した作品です。
18歳未満の閲覧を禁止します。
作品によっては、下記のような内容を含む場合がありますので、、禁止年齢でなくても苦手な方は充分ご注意ください。

・ポルノ・露骨で卑猥な性描写があります。
・性器の詳細な描写があります。
・レイプ・輪姦など性的虐待行為の詳細な描写があり、それらを容認または賛美しています。
・倒錯的性愛行為(SM・近親相姦・獣姦・ロリなど)の詳細な描写があり、それらを賛美しています。
・売春・買春行為・援助交際などを賛美しています。
・痴漢行為・セクハラ・不倫などを賛美しています。
目安 ハードな官能小説 公序良俗に反するもの
残酷描写その他の描写の目安はR-18指定映画やD区分ソフト及びZ区分ソフトなどを参照のこと


これらのレイティングマークの基準からいくと、Cocktail Break でご紹介している作品は、作者さまご自身の判断は別として、その表現レベルからすれば 15禁 には該当しても 18禁 には該当しないように思えます。拙宅自体はどうだろうと鑑みれば、掲載した記事にセミヌードのイラスト作品がありますから表現レベルからは PG12 が該当し、菅理サイドの要望としては小学生に見てほしいとは思いませんから 12禁 が妥当、ご紹介した作品のサイトさまの表現レベルと等しくするならば 15禁 とするべきです。
また、開設当初、はっちがイメージしていたアダルト系の作品とは、明らかにこの基準でいうところの 18禁 に該当します。まだこちらではご紹介しておりませんが、今後それらの作品をご紹介するとしたら、拙宅を 18禁 にするか、新たに別サイトを開設するべきでしょう。しかし、作者さまが、同じく18禁とされた作品を、はっちの判断で分けてご紹介するのも失礼な気が致しますし、かといって、18禁にすれば、年齢制限のない作品を18禁とした拙宅でご紹介するのもいかがなものだろうかと、非常に悩んでおります。(@ω@;)

今後の方針について

2008.1.13.
TOPとINDEXのカットを新年モードからヴァレンタインモードへ模様替え致しました。
TOPの文章も、少々変更。各ページの CAUTION からも、【性的表現の注意】へリンクできるようにしました。年齢制限うんぬんについては、今のところ、そのあたりでお茶を濁しておこうかなと思います。
サイト内にアダルト宣伝バナーのある作品と官能メインのアダルト色の強い作品・サイトさまをこちらでご紹介するのは見合わせることに致しました。アダルトと一言で片付けてしまうのは、もったいない魅力を感じた作品ですので、大人の女性にならこっそりご紹介したいなとは思いましたが、あくまで、ひっそり、こっそりが当初のイメージ。未成年の方もおいでになる(かもしれない)拙宅でおおっぴらにご紹介するのは、ちょっと違うと気がつきました。(遅い!)それらのご紹介をしないのであれば、拙宅は今のままでもよいかしらと、まあ、そんな感じです。お騒がせいたしました。

拍手設置しました

2008.1.18                                  拍手して管理人を喜ばせてあげる
拍手設置いたしました。各ページ最下部でチュンチュンはねているこの小鳥上を、クリックしてくだされば、拍手が送れます。お礼画面では、Mako’s さまから拝借した、それは美しいグリーティングイラストと blue daisy さまの楽しい GIF アニメをご覧頂くことができます。必見です!他人さまの作品の魅力をお借りしてまで、拍手をいただこうとしているさもしい管理人を生ぬるく笑って許してやってくださいませ・・困あせ訪れてくださった方が、少しでも拙宅を気にいってくださったことがわかれば、非常に励みになりますので、よろしければポチッとお願い申しあげます。
余談ですが、何気なくみていた他所様のお礼画面ですが、いざ自分でカスタマイズしようとして、これほど制約があるとは思いもしませんでした。お礼画面に画像を呼び出そうとしても、banner.gif./banner.jpg./banner.bng./の三枚しかFC2からは呼び出せないのです・・・ え~っ?ガーン 画像置き場になるのを防ぐため、無料サービスのところは外からの画像呼び出しができないようになっているとか。ということは、お礼画面が、何枚もあり、一枚ごとに違う画像が貼ってあるHPは有料サーバーをご利用ということですねえ。し、知らなかった・・・ビックリ!!!

ありがとうございます!

年末にカウンターとアクセス解析を設置いたしました。
開設して一ヶ月半がたち、少しはお客様も来てくださっているかもしれないと、こわごわと・・。
はっちが頼りにしている「初心者にもできる簡単FCブログ」では、テンプレートを選んだら、次にカウンターとアクセス解析を設置するようにとのお薦めでしたが、つけませんでした。
なぜって、こんな知名度ゼロのブログにそうそう来てくださる方がおられるとも思えませんでしたし、設置しても、それがウンともスンとも、動かなかったら、やっぱりヘコムだろうなと思いまして・・。
ご紹介した作品の作者さまが、ぼちぼちとリンクしてくださったり、その中には読者として遊びにきてくださる方もおられたりして、いくらなんでも、ゼロではないだろうから、そろそろいいかしらと、恐る恐る設置したわけです。
そうしたところ、
          びっくりしたぁぁ  \(◎o◎)/!
自分のIPを除いて、二重アクセスをカウントしなかったなら、1日二桁いったら御の字だと思っていたのに、な、な、なんと、1日三桁でございます!
                      ひ、ひぇぇ~~  ヵクヵク(((◎д◎)))ヵクヵク
しかも、その約5割がリピーターさま!
畏れ多いやら、びっくりするやら、嬉しいやら・・・!
         感涙 ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
皆様、ありがとうございます!
こんなできたてホヤホヤのブログに遊びに来てくださって!
しかも、一度ならず、お運びいただいて!!感謝感激でございます。
FC2のアクセス解析はリンク先がわかり、皆様がご紹介作品のサイトさまへ行かれたのもわかり、それがなにより嬉しいです。
こういう嬉しい驚きは、本当に、久しぶりでございました。
お客様の数には関係なく、こつこつ続けるつもりではおりましたが、とても嬉しく、励みになりました。皆様、ありがとうございました。       激感謝  はっち

更新報告

闇を見る眼・闇から見る眼

エセ軍人物

上記2作品のご紹介記事アップいたしました。
ブログを色々いじっていたら、前のご紹介からもう10日も立っていることに気づいてあわてました。
週末に間に合ってよかったです。(^^ゞ

拍手、ありがとうございます。
嬉しいです・・・・感涙・・・。+゜(゜´Д`゜)゜+。
訪れてくださったお客様からどんな形でも反応が返ってくるということは、本当に嬉しいものですね。
これまた、知らなかった喜びでございます。

一言メッセージくださった方へのお返事は追記で・・・moreをクリックしてくださいませ

続きを読む

移転しました

つくったばかりのDiarayページですが、色々と書き込んで結構重くなりそうですので、
こちらへ移転いたしました。
(ああ、あれだけ時間をかけたスクロールバーも、日の目を浴びたのは、
たった10日だったか・・・)

せっかく、新しくブログを借りるのですから、こちらは思いっきり、ブログらしくしようと思います。
Cocktail Break はなるべくブログに見えないように、HPっぽく見えるように、
わざとブログ特有の機能や特色をそぎ落としてカスタマイズしましたが、
こちらでは、ブログの機能を削るのではなく付け足しながら、
色々と試しながら、遊んでみようと思います。
落ち着くまでは、結構ごちゃごちゃした画面になる・・・・と思います。

感謝!

拍手くださった皆様、ありがとうございました!きゃっ
励みになります!
皆様のお優しさに感謝しておりますです!・・・じーん 涙
以下は一言メッセージくださった方へのお返事でございます。

続きを読む

「十八禁恋愛私花集」に加盟!

GreenBeetleさま主催の新しい同盟 「十八禁恋愛私花集」 に、Cocktail Break を加盟させていただきました。

「十八禁恋愛私花集」

しかしゅう【私花集】 詞華集、詞花集に同じ。アンソロジー。
特定のテーマの下、複数の作家の作品を集めたもの。

男女カップルをモチーフとしたR18恋愛創作関連サイトの同盟で、使いやすいリンク集があります。まだ発足間もないですが、順次加盟サイトさまは増えてゆくご様子。
大人のオンライン作品ファンにとって、嬉しいリンク集になりそうです。

WEB拍手へ変更

大したことではないのですが、こちらの拍手を変更いたしました。
ここ楽屋裏は、あまりカスタマイズしないでおこうと思っていたのですが、以前設置してあった拍手は、お礼画面が味もそっけもないブログ拍手でした。
Cocktail Breakの記事ならともかく、楽屋裏の記事で拍手してくださる方もいなかろうとそのままにしておいたのですが、いらっしゃたのです!
こちらでも拍手して下さる方が・・・・あうっ!
う、嬉しい・・・・・照れハート
でも、それなら、あのブログ拍手のお礼画面では申し訳なさ過ぎる・・・・恥あせ
といわけで、こちらもWEB拍手にし、ボタンも当然変更いたしました。
ぶたロールオーバー元画像 ぶたさんをクリックしてくださると、ぶたロールオーバー後 ぶたがよろこんで、飛び跳ねてから、お礼画面へリンクいたします。
お礼画面は、Cocktail Breakと同じです。
                                     アニメ素材:カツのGIFアニメさま

拍手感謝!

拍手ありがとうございます!
ぶたボタン効果でございましょうか?
拍手が微妙に増えたような気が・・・・。
いっそ、本館の方でも、ぶたさんに跳ねてもうらおうかしらん・・・・・ぶたロールオーバー後


というのは冗談ですが、嬉しいです!
頂戴した拍手のおかげで、シンプル脳の管理人のモチベーションは非常に上がっております!
次のご紹介は、あまり間をおかずにできそうです!
ありがとうございました!

以下は第一号さまへのお返事です。

続きを読む

更新報告

「月のひかりをつつむように 」   水奈川 葵 様

拍手でリクエストいただいたジャンルの作品のご紹介です。
現代・オフィス・年上・アンチ有名作品ということでリクエストいただきましたが、
最後の条件だけはクリアできませんでした・・・・汗汗
それでも、昨年夏に完結した比較的新しい作品ですから、
未読の方もおられるんじゃないかなあと・・・・ニヤリ


感謝!

拍手ありがとうございます!
皆様からいただいた拍手のおかげで、管理人はりきって更新できましたです!
これからもCocktail Break をよろしくお願いもうしあげます。アニメおじぎ



以下はメグミさまお返事でございます。

続きを読む

拍手お礼 !

はくしゅ、はくしゅ、アニメ牛アニメ牛アニメ牛アニメ牛アニメ牛アニメ牛おしり

            はくしゅがいっぱいアニメあひるアニメあひるアニメあひるアニメあひるアニメあひるアニメあひるおしり


 アニメぞうアニメぞうアニメぞうアニメぞうアニメぞうおしりアニメぞう うれしいぞう!


アニメ顔きゃー 皆様、拍手ありがとうございました!! 

 アニメぶた連続 嬉しさのあまり、じっとしていられません!


踊っちゃいます ・・・・・ ぶたダンス1

万歳しちゃいます・・・・・・アニメぶたばんざい

走っちゃいます・・・・・・アニメ走るぶた


ありがとうございました!
これからも皆様に喜んでいただけますよう、がんばります!
今後ともCocktail Breakをよろしくお願い申しあげます。   アニメぶたおじぎ

以下 こぶた様への拍手お返事でございます。

続きを読む

オンライン読書のぼやき・・・

オンライン小説を読んでいて、この作者さまは何歳なんだろう、若いなあと感じられるときって、ございませんか?

私メは、よくございます。そして、その若いなあという正直な感想は、残念ながら、決して褒め言葉ではないのです。誤字脱字、日本語として成り立っていない・・・そうした作品はもちろん問題外ですが、いくら作品に文章のうまさやストーリーメーキングのセンスがあっても、作者さまの大人になりきれていないゆえと思われる偏った価値観や狭い視野などが文中から垣間見えてしまうと、途端に興ざめしてそこから先の物語を楽しむことも読むこともできなくなることがほとんどなのです。
その感想は必ずしも、作者さまの実年齢とは一致しません。しかし、玉石混じり、お若い作者さまが多いオンライン小説の世界を彷徨う中、イイ年をした大人のオンライン小説ファンの管理人が、よくそういう思いをしたのも事実なのです。

たとえば、つらい状況で健気にがんばるヒロインの恋愛を描いた作品というのは、女性好みの設定であり、オンライン小説ではまさに王道でございます。(管理人も大好きです!)
過去、あるいは現在において、ヒロインが、いかに傷つき、いかに辛い状況におかれていながら、いかに健気に耐えているか、がんばっているか・・・・
王道であるからこそ、その設定のディテールは、非常に重要であり、説得力を必要としますが、実はこれが、かなり難しい!当然の事ですが、読者がその設定を受け入れ、納得しなければ、ヒロインに共感して、物語に浸ることなどできません。多数の作品を読んできての実感ですが、ここにこそ、作者さまの若さが露見しやすいと私は思いました。

一言に辛い状況といいますが、どんな状況を辛いと感じるか、それは個人の価値観によってまちまちです。一般的に、年齢があがり、経験を重ねて人生を歩んできた人間は、若く幼い人々よりはそのラインがシビアになっていくのは当然です。
作者さまが、いかにヒロインをかわいそうに描いているつもりでも、イイ年をした私のようなスレタ?大人の読者にとっては、「えっ、どこがかわいそうなの?」あるいは、「かわいそうかもしれないけれども、これって、自分のせいだわねえ・・・・。」と思うこともしばしばです。同様にがんばっているとされるヒロインに対しても、「どこががんばっているわけ?これって当たり前のことをしているだけじゃあないの・・・・」という少々意地の悪い感想もよく持ちます。当然ヒロインへの共感も好感度も上がりません。加えて、(ほとんどがそうですが)作中でそのヒロインにとってつらい・・・・とされる状況の責任は全て他にあるように決め付けられて話が進んでしまっては、もうついていけません。

イイ感じで読み進んでいたのに、作者の方の(実年齢とは限らない内面の)若さが露呈したな、惜しいなと思うのはそんな時です。まあ、現実に、若い作者さまが、価値観を等しくする同年代の読者層を意識して綴られた物語だから価値観の違う年嵩の読者はお呼び出ないと言われてしまえばそれまでですが・・・・・(^^ゞ

紹介文を複数読まれたお客さまはお気づきかと存じますが、文中で、私はよく説得力という言葉を用います。
小説はフィクションの世界です。
作者さまは全知全能の神です。
作者さまが描きさえすれば、何でもありです。
何でもありだからこそ、言葉は悪いですが、騙してナンボの世界でございます。
作者さまがいかに巧みに読者を騙してくださるか、その世界に浸らせてくださるか、酔わせてくださるか・・・・それこそが作者さまの腕(筆)の見せ所であり、説得力のあるなしが問われます。

作者さまの若さ・青さをぼやきたくなる作品に触れるたび、大人の読者を満足させるためには、これとは対極の熟した説得力が必要なんだよなあと、しみじみ思う管理人でございました。
                                          ・・・年のせいかなあ 
                                  アニメお茶




蛇足   ラインへび50
        アイコンくつアイコンくつ                アイコンくつアイコンくつ
申すまでもございませんが、お若くてもすばらしく説得力がある作品を描かれる作者さまもおられます。若さゆえの瑞々しい感性を管理人は、心から賛美しております。文中で管理人が繰り返しぼやいた若さとは実年齢のことを申しあげているのではございませんが、それについてはまたの機会に・・・・。

ぼやきのその後

先の記事、「オンライン読書のぼやき」には、メール・コメント・拍手メッセージとたくさんの反響をいただきました。本当にありがとうございました。

常々感じていたことを、何の気なしにぼやいただけのつもりでしたが、今までにない拍手の多さ、反響の多さには正直、大変驚きました。また、言葉をかけてくださった方の中には、私メのいわんとする事には共感してくださりながらも、このままでは反感をいだかれる恐れがあるのではとご忠告くださる方もおられ、ご心配をおかけして本当に有り難くも申しわけなかったです。改めて読み返してみれば、深く考えもせずに書き連ねた文章は、確かにそのままでは誤解を招きかねない表現もあり、あわてて直したりしてみました。(蛇足もそういうわけで付け加えました)

正直に申しあげれば、ネット運営初心者の管理人は、特定の作品を対象にしているのではないにせよ、ネット上で、批判めいた意見を述べることの意味・重み・恐さ・難しさが全くわかっておりませんでした。今もまだ、わかっているとは申せません。それでも、否定的な評価を含んだ考察はあれだけで終わらせる方が、無難かつ安全であろうことはわかります。

しかしながら、こちらはあくまで楽屋裏でございます。オンライン小説ファンの管理人が、ご紹介したい作品のおもしろさを本館 Coctail Break で大きく声をあげて語り、一方この楽屋裏では、管理人個人が読んでいておもしろくないと感じる一般的な要因について小声でぼやく・・・それが不自然なことにはどうしても思えないのです。管理人のぼやきはご紹介した作品の魅力を婉曲にアピールすることにもつながり、ひいては読者の皆様が作品を楽しむ上での何らかの材料になるかもしれない・・・そう考えると、安全策を取ってそれを退ける気にはなれませんでした。

今はとりあえず、様子を見ながら、ぼやき企画?を続行していくことに致しました。文章表現には、今まで以上に注意を払うつもりでおります。当然ですが、特定の作品を対象として批判するつもりも、誹謗中傷の類も、決してするつもりはございません。上から目線のつもりはございませんが、年齢があきらかに嵩張っている管理人でございますから、年上の人間特有の物言いがそこここに現われるのだけはお許しいただけたらと存じます。

また、年は食っていても、根ががさつで粗忽な管理人でございます。至らぬところなども多いと存じますが、ご指摘いただければその度に軌道修正して、皆様が楽しんでいただけるよう努めたいと思います。しかしながら、管理人の本来の舞台は本館でのご紹介ですので、このぼやき企画はあくまで時間があった時の楽屋の裏話というスタンスでもっていきたいと思っております。管理人の至らなさのせいで、余りにもご批判が多くなり、本業?にも差支えが出るようになった場合には、この企画そのものが失敗であったとして取り下げるつもりでおりますが、それもお許しくださいませ。

最後になりましたが、ハナミズキさま、1/28.4:48に拍手と共にご忠告くださったお客様、ありがとうございました。お二方の辛口のご意見があったからこそ、自身の至らなさに思い当たることができました。
mamuさま、メグミさま、Hさま、管理人のぼやきを受け入れてくださってありがとうございました。メッセージなしの拍手をくださった皆様も本当にありがとうございました。いただいたお言葉と拍手に心強く励まされ、後押しされた気持ちで、この企画の続行を決めさせていただきました。
皆様に深く感謝申しあげると共に、今後も本館 Cocktail Break ともども、楽屋裏を見守ってくださいますようお願い申しあげます。
                                   はっち 拝

ぼやき企画その2 辛口 or 甘口・・・・?

とういわけでぼやき企画続行致します。(詳細はこちらから
さて、管理人は大の甘党でございます。子どもの時から、辛いのは大の苦手。唐辛子系のエスニック料理も四川料理も残念ながらアウトです。カレーを作る時も、二つの鍋に分けて、男性陣のためにはジャワカレーの辛口、私と娘のためには(娘は私に似て辛いのが苦手)こくまろ中辛で二種類用意します。
                    アニメ鍋小   アニメ鍋大
とまあ、こういう前振りをしたところで、カンのよい皆様にはお気づきかと存じますが、当然カレーの話をしたいわけではありません。オンライン恋愛小説における甘党・辛党のオハナシでございます。(悲恋系は除いた、一般的なハッピーエンド作品について)

さて、かように舌の方は甘党・甘口の管理人でございますが、こと恋愛小説に関していえば、もう、ばりばりの辛党・辛口好みと申してよいのではないかと。
恋愛を描く作品であれば、当然甘いシーンも、苦いシーンもあるのですが、
管理人好みの辛口恋愛作品の条件とはおおよそ次の三つです。

1.作中で中々両思いにならない。あるいは両思いであることに気づかない。
2.ヒーローが素直でない。ヒロインに対して冷たい。
3.周囲に反対されているなど、障害が多い、もしくは、大きい!

イラスト唐辛子21.このパターンでございますが、管理人は、ジレジレ、やきもきするのがとても楽しくて好きなのです。ですから、本当は両思いであったとしても、それが作中であまりにも早い時点で明らかになってしまうのは、あっけなくてひきます。なるべくその楽しみを引き伸ばしていただける作品が非常に好みであります。

2.管理人は、何を隠そう屈折したヒーローが大の好み。素直すぎて、すぐにヒロインへの気持ちを認めてのめり込むヒーローは、ちょっと物足りないです。恋に溺れる前に、そうなるまいとじだばたしてくれると、その葛藤やら懊悩やらが嬉しいです。あーだこーだと悩んだ末に、ようやくヒロインへの気持ちへ目覚めるという設定が萌えポイント大でございます。特に、それ以前の彼がヒロインに冷たい仕打ちなどしておりますと、その落差にヤラレマス。

3.およそ漫画でも小説でも映画でも、恋愛と冠する作品をおもしろくする絶対にして必須条件はなんと言っても障害!多ければ多いほど、大きければ大きいほど、読者はやきもきとさせられ、そしてそれを乗り越えた時の喜びもひとしお!

上の条件が一つでもはいっていれば、かなり管理人好みでございます。二つ三つはいっている作品であれば、もうご紹介間違いなしかもしれません。

そして、甘口作品とは即ち、上述の反対の状況であります。

1.早々にヒーローとヒロインが両思いになる。
2.ヒーローがヒロインにメロメロである。
  (但し、メロメロであっても、片思いヒーローの場合は別。違う意味で萌え効果大です。)
3.障害が少なく、周囲全てが二人を応援している。

イラストハートチョコとまあ、こんな風な辛口恋愛作品が好きな管理人ですが、加えてゆずれない条件があります。実は、どれほどの辛口作品であっても、物語の終盤には甘口条件を満たしてエンディングしていただけないと、消化不良を起こしたかのようにモヤモヤするのです。つまり、口に含んで噛んでいる間は、辛くて、刺激的で、スパイシーでありながら、いざ飲み込んだ時の喉越しは甘くなければ嫌!(なんとわがままな読者であることか!)

甘口は苦手といいながら、すったもんだと読者を翻弄しながら完結した辛口本編の後に、甘口要素満載の短い後日談・番外編など読むのは、管理人大好きなのです。なにしろ、辛口本編で、読者として、さんざん気をもんだ二人のその後でございますから、どれほど甘くとも、今までのすれ違いやら、苦労やらを思えば、安心するやら溜飲が下がるやら、微笑ましいやらおかしいやら・・・etc.興味は尽きず、はい、好きです。

辛口好みの管理人ですが、管理人が甘口作品を楽しめるか否か、それは、ひとえに、どれだけそのキャラに感情移入できているかに、かかっているようでございます。魅力を感じられるキャラであれば、どんなバカップルぶりであっても、見ている(読んでいる)だけで楽しい・・ファン心理なんて、そんなもんですよねえ・・・・。

明日ご紹介する作品は、管理人好みのかなり辛口恋愛作品です。こうご期待!
            アイコンチョコ アニメぶた イラスト青唐辛子

更新しました

憎しみの檻   月丸 うさぎ様

管理人好みの辛口恋愛作品。
実は、この作品をご紹介したかったからこそ、ぼやきがでてきたようなもの。
喉越しはちょっとしょっぱいかも・・・・。

FC2カウンター

プライベート
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

はっち

Author:はっち
オンライン作品のファンです。
好きが昂じて大人の女性向きのオンライン作品紹介ブログCocktail Break を立ち上げました。またこの度、少女漫画テイストの作品をご紹介する新館放課後のCafeも開設いたしました。こちらはその楽屋裏です。
直接こちらへおいでになったお客様もぜひ一度お運びくださいませ。本館 CocktailBreak

新館 放課後のCafe

最新記事
カテゴリー
ユーザータグ

お返事 拍手 更新報告 お知らせ 日常 読了リスト ぼやき 萌え叫び  * 

メールフォーム
クリック募金
お世話になっているサイトさま
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。