スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぶえっち考または気のぬけたコーラ (ぼやき記事 コピペ編) 

え~、予告致しました本館ご紹介記事の一部をコピペして
ふくらませたぼやき記事であります。

はっちのぼやきは、本人に全くその自覚はないのですが、
一部の方には上から目線でご不快と受け止められてしまうらしいので、
一応追記にたたみました。
私はOKよ~っと、いう方だけお読みくださいませね。

万一、抽象的で、曖昧で、根拠と具体性に欠ける、
メルアドなしのご批判を頂戴した場合は、
あっさり、すっかり、ばっさり破棄させていただきますので、
悪しからずご了承くださいませ。
スポンサーサイト

続きを読む

笑いのツボ

ぼやき企画、続行いたします!
さて、ロマコメ好きのお客さまからいただいた拍手メッセージにお答えする意味で、
本館のコンセプトとは関係なく、管理人のロマコメ・ラブコメ系ぼやきをば、少々・・・・。
コメディとは本当に難しいのだろうなと思います。
なにしろ、笑いのツボは、非常に個人差があるわけですから。
それを実感したのは、私のお気に入りのある一冊の写真絵本?がきっかけでございました。
これです。

ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。
(2000/11)
ブラッドリー・トレバー グリーヴ

商品詳細を見る

シリーズ化もされたかなりのヒット作ですから、ご存知の方も多いかも知れませんね。
世界的な大ヒット絵本であることがうなずける、ウィットとユーモアが溢れた、すてきにご機嫌な一冊でございます。この本は、もう、管理人の笑いのツボ、ど真ん中でございました。かる~い落ち込みでしたなら、この本を開くだけで霧散します。本当です!しかしです・・・しかし、しかしです。この世界的ミリオンセラーのこの本でさえ、すべての人に笑いを届けるわけではないのです。

実はですねえ、この本を見つけた当時、私はあまりのそのおもしろさにひどく感動して、同じく日頃、ストレスに悩まされているであろう同僚たちにも見せてやるべく、すぐに職場にもってまいりました。どうなったと思われますか?絵本を見せた人のうち約半数は(主に女性)は、私が想像し、期待したとおりの反応を示してくれまして、(涙を流しながら笑いころげ)私としては、充分に満足したのです。ところがです・・・・・残り半数の人たちは、本を見終わっても、何がおもしろいのかわからないといったきょとんとしたクールなご様子。えっ・・・と、私メはその反応にびっくり。ど、どうしてぇぇ・・・・?おもしろくない・・・?と聞くと、うん、写真はおもしろいのもあるけど笑い転げるほどじゃあない、どこがおもしろいのと、本当に不思議そうに聞くのです。

家に帰ってから恐る恐る家族にみせたところ・・・・上の娘は私と同じく笑いまくったのですが、下の娘と主人は、笑わなかった同僚たちと同じ反応。どうしてこれで笑えるのと真顔で聞くのです。そんなことを聞かれたって、おもしろいものはおもしろいのですから答えられるはずもありません。なんで、おもしろくないのと、こっちから聞きたいくらいです。上の娘と私は全くの文系頭。主人と下の娘は理系です。もしかして、それも関係あるのですかねえ。右脳とか左脳とか、色々あるようですが、とにかく、笑いのツボには個人差がある・・・その事だけは実感したものです。

さて、長々と書き連ねてまいりましたが、ラブコメ、ロマコメを描こうとなさった作者様の笑いのツボと、読む側の笑いのツボが一致しないと、笑えない・・・・という当たり前すぎるくらい当たり前のことを、申しあげたかったわけでございます。(前振り長すぎ!)そのツボがはずれてしまった場合には、本当に悲惨です。作中でキャラたちが笑えば笑うほど、読者としての温度は下がってまいります。(笑い転げていた私と上の娘を冷めた目で見ていた下の娘と主人の気持ちがわかります・・・)だいたい、こういうシーンにでくわすと、私メは回れ右してしまうこと多いです。笑いを目的としたシーンで笑えない、もしくは作中で笑って受け入れられたキャラが自分には受け入れられないわけですから、明らかに私メとその作者さまとの笑いのツボはずれております。であれば、他の部分もずれていることが多く、そうなるとその作品を楽しめるはずもないですからねぇ。

たとえば、ロマコメ、ラブコメに限らず、オンノベの世界で多い、天然設定のヒロインが登場する作品で、よくそういう思いをしました。天然設定のキャラは本当に難しいと思います。
想像なさってみてください。ご自身の周りに、悪意はなくとも、ちょっと人と感覚がずれていて、勘違いをよくする空気の読めない友人、もしくは同僚や隣人がいるとします。おそらくそういうタイプの人と近しく付き合わねばならないとなると、相当疲れるはずです。接する側に余裕があるかないかにもよりますが、リアル世界での天然さんたちは、社会的にかなり危ういキャラクターに違いありません。

彼らの言動をおもしろく感じ、好ましく思えるか、うっとうしく感じるかは、本当に紙一重の差だと思います。紙一重であるからこそ、そのキャラを魅力的なものにできるか否かはすべて作者さまの力量、特にユーモアのセンス、そしてなによりもその笑いのセンスが読者のツボと合致しているかにかかっているかと思います。天然とされていながら、そこには明らかに作者さまの作為があるわけですから、そこを読者に見透かされてしまっても、もう笑いはとれないでしょう。天然さんの危うさを逆手にとり、読者の意表をつく言動で笑わせて初めて、彼らは受け入れられ好感をもたれるわけです。ですから、読者として笑うこともできないでいるのに、作中では他のキャラがそんな天然さんを笑って肯定し、受け入れていくストーリーが展開してしまうと、私メのようなひねた人間にはどうにもむずがゆくてだめなのです。笑えなかった天然キャラは私にとってただの鈍感でわざとらしい勘違いちゃんでしかないからです。笑えない⇒好感を持てない⇒共感できない⇒感情移入できない⇒楽しめないといういやーな方式になってしまいます。

そして、よく申しますでしょう?箸が転げても笑う年頃って・・・・・。右脳左脳の問題もあるのかもしれませんが、その年頃をはるか昔に過ぎてしまった私メの笑いのツボは、明らかなにその昔よりは狭くなっております。(涙腺はもろくなるのですがねえ)ですから、管理人がパソコンの前で大笑いすることができた作品は本当に少ないです。少ないからこそ、見つけた時の喜びはひとしおでございますが・・・・いかんせん、少なすぎて寂しい・・・・・。
笑えないロマコメ・ラブコメに出会うたび、イイ年をしたオンノベファンとしての寂寥を感じる管理人でございます・・・・。
(最後は愚痴かいっ?失礼致しました!)


拍手メッセージお返事

以下は 2/6 18:34 「読書のつぶやき」・・・についてメッセージくださった方へのお返事でございます。

続きを読む

ぼやき企画その2 辛口 or 甘口・・・・?

とういわけでぼやき企画続行致します。(詳細はこちらから
さて、管理人は大の甘党でございます。子どもの時から、辛いのは大の苦手。唐辛子系のエスニック料理も四川料理も残念ながらアウトです。カレーを作る時も、二つの鍋に分けて、男性陣のためにはジャワカレーの辛口、私と娘のためには(娘は私に似て辛いのが苦手)こくまろ中辛で二種類用意します。
                    アニメ鍋小   アニメ鍋大
とまあ、こういう前振りをしたところで、カンのよい皆様にはお気づきかと存じますが、当然カレーの話をしたいわけではありません。オンライン恋愛小説における甘党・辛党のオハナシでございます。(悲恋系は除いた、一般的なハッピーエンド作品について)

さて、かように舌の方は甘党・甘口の管理人でございますが、こと恋愛小説に関していえば、もう、ばりばりの辛党・辛口好みと申してよいのではないかと。
恋愛を描く作品であれば、当然甘いシーンも、苦いシーンもあるのですが、
管理人好みの辛口恋愛作品の条件とはおおよそ次の三つです。

1.作中で中々両思いにならない。あるいは両思いであることに気づかない。
2.ヒーローが素直でない。ヒロインに対して冷たい。
3.周囲に反対されているなど、障害が多い、もしくは、大きい!

イラスト唐辛子21.このパターンでございますが、管理人は、ジレジレ、やきもきするのがとても楽しくて好きなのです。ですから、本当は両思いであったとしても、それが作中であまりにも早い時点で明らかになってしまうのは、あっけなくてひきます。なるべくその楽しみを引き伸ばしていただける作品が非常に好みであります。

2.管理人は、何を隠そう屈折したヒーローが大の好み。素直すぎて、すぐにヒロインへの気持ちを認めてのめり込むヒーローは、ちょっと物足りないです。恋に溺れる前に、そうなるまいとじだばたしてくれると、その葛藤やら懊悩やらが嬉しいです。あーだこーだと悩んだ末に、ようやくヒロインへの気持ちへ目覚めるという設定が萌えポイント大でございます。特に、それ以前の彼がヒロインに冷たい仕打ちなどしておりますと、その落差にヤラレマス。

3.およそ漫画でも小説でも映画でも、恋愛と冠する作品をおもしろくする絶対にして必須条件はなんと言っても障害!多ければ多いほど、大きければ大きいほど、読者はやきもきとさせられ、そしてそれを乗り越えた時の喜びもひとしお!

上の条件が一つでもはいっていれば、かなり管理人好みでございます。二つ三つはいっている作品であれば、もうご紹介間違いなしかもしれません。

そして、甘口作品とは即ち、上述の反対の状況であります。

1.早々にヒーローとヒロインが両思いになる。
2.ヒーローがヒロインにメロメロである。
  (但し、メロメロであっても、片思いヒーローの場合は別。違う意味で萌え効果大です。)
3.障害が少なく、周囲全てが二人を応援している。

イラストハートチョコとまあ、こんな風な辛口恋愛作品が好きな管理人ですが、加えてゆずれない条件があります。実は、どれほどの辛口作品であっても、物語の終盤には甘口条件を満たしてエンディングしていただけないと、消化不良を起こしたかのようにモヤモヤするのです。つまり、口に含んで噛んでいる間は、辛くて、刺激的で、スパイシーでありながら、いざ飲み込んだ時の喉越しは甘くなければ嫌!(なんとわがままな読者であることか!)

甘口は苦手といいながら、すったもんだと読者を翻弄しながら完結した辛口本編の後に、甘口要素満載の短い後日談・番外編など読むのは、管理人大好きなのです。なにしろ、辛口本編で、読者として、さんざん気をもんだ二人のその後でございますから、どれほど甘くとも、今までのすれ違いやら、苦労やらを思えば、安心するやら溜飲が下がるやら、微笑ましいやらおかしいやら・・・etc.興味は尽きず、はい、好きです。

辛口好みの管理人ですが、管理人が甘口作品を楽しめるか否か、それは、ひとえに、どれだけそのキャラに感情移入できているかに、かかっているようでございます。魅力を感じられるキャラであれば、どんなバカップルぶりであっても、見ている(読んでいる)だけで楽しい・・ファン心理なんて、そんなもんですよねえ・・・・。

明日ご紹介する作品は、管理人好みのかなり辛口恋愛作品です。こうご期待!
            アイコンチョコ アニメぶた イラスト青唐辛子

ぼやきのその後

先の記事、「オンライン読書のぼやき」には、メール・コメント・拍手メッセージとたくさんの反響をいただきました。本当にありがとうございました。

常々感じていたことを、何の気なしにぼやいただけのつもりでしたが、今までにない拍手の多さ、反響の多さには正直、大変驚きました。また、言葉をかけてくださった方の中には、私メのいわんとする事には共感してくださりながらも、このままでは反感をいだかれる恐れがあるのではとご忠告くださる方もおられ、ご心配をおかけして本当に有り難くも申しわけなかったです。改めて読み返してみれば、深く考えもせずに書き連ねた文章は、確かにそのままでは誤解を招きかねない表現もあり、あわてて直したりしてみました。(蛇足もそういうわけで付け加えました)

正直に申しあげれば、ネット運営初心者の管理人は、特定の作品を対象にしているのではないにせよ、ネット上で、批判めいた意見を述べることの意味・重み・恐さ・難しさが全くわかっておりませんでした。今もまだ、わかっているとは申せません。それでも、否定的な評価を含んだ考察はあれだけで終わらせる方が、無難かつ安全であろうことはわかります。

しかしながら、こちらはあくまで楽屋裏でございます。オンライン小説ファンの管理人が、ご紹介したい作品のおもしろさを本館 Coctail Break で大きく声をあげて語り、一方この楽屋裏では、管理人個人が読んでいておもしろくないと感じる一般的な要因について小声でぼやく・・・それが不自然なことにはどうしても思えないのです。管理人のぼやきはご紹介した作品の魅力を婉曲にアピールすることにもつながり、ひいては読者の皆様が作品を楽しむ上での何らかの材料になるかもしれない・・・そう考えると、安全策を取ってそれを退ける気にはなれませんでした。

今はとりあえず、様子を見ながら、ぼやき企画?を続行していくことに致しました。文章表現には、今まで以上に注意を払うつもりでおります。当然ですが、特定の作品を対象として批判するつもりも、誹謗中傷の類も、決してするつもりはございません。上から目線のつもりはございませんが、年齢があきらかに嵩張っている管理人でございますから、年上の人間特有の物言いがそこここに現われるのだけはお許しいただけたらと存じます。

また、年は食っていても、根ががさつで粗忽な管理人でございます。至らぬところなども多いと存じますが、ご指摘いただければその度に軌道修正して、皆様が楽しんでいただけるよう努めたいと思います。しかしながら、管理人の本来の舞台は本館でのご紹介ですので、このぼやき企画はあくまで時間があった時の楽屋の裏話というスタンスでもっていきたいと思っております。管理人の至らなさのせいで、余りにもご批判が多くなり、本業?にも差支えが出るようになった場合には、この企画そのものが失敗であったとして取り下げるつもりでおりますが、それもお許しくださいませ。

最後になりましたが、ハナミズキさま、1/28.4:48に拍手と共にご忠告くださったお客様、ありがとうございました。お二方の辛口のご意見があったからこそ、自身の至らなさに思い当たることができました。
mamuさま、メグミさま、Hさま、管理人のぼやきを受け入れてくださってありがとうございました。メッセージなしの拍手をくださった皆様も本当にありがとうございました。いただいたお言葉と拍手に心強く励まされ、後押しされた気持ちで、この企画の続行を決めさせていただきました。
皆様に深く感謝申しあげると共に、今後も本館 Cocktail Break ともども、楽屋裏を見守ってくださいますようお願い申しあげます。
                                   はっち 拝

オンライン読書のぼやき・・・

オンライン小説を読んでいて、この作者さまは何歳なんだろう、若いなあと感じられるときって、ございませんか?

私メは、よくございます。そして、その若いなあという正直な感想は、残念ながら、決して褒め言葉ではないのです。誤字脱字、日本語として成り立っていない・・・そうした作品はもちろん問題外ですが、いくら作品に文章のうまさやストーリーメーキングのセンスがあっても、作者さまの大人になりきれていないゆえと思われる偏った価値観や狭い視野などが文中から垣間見えてしまうと、途端に興ざめしてそこから先の物語を楽しむことも読むこともできなくなることがほとんどなのです。
その感想は必ずしも、作者さまの実年齢とは一致しません。しかし、玉石混じり、お若い作者さまが多いオンライン小説の世界を彷徨う中、イイ年をした大人のオンライン小説ファンの管理人が、よくそういう思いをしたのも事実なのです。

たとえば、つらい状況で健気にがんばるヒロインの恋愛を描いた作品というのは、女性好みの設定であり、オンライン小説ではまさに王道でございます。(管理人も大好きです!)
過去、あるいは現在において、ヒロインが、いかに傷つき、いかに辛い状況におかれていながら、いかに健気に耐えているか、がんばっているか・・・・
王道であるからこそ、その設定のディテールは、非常に重要であり、説得力を必要としますが、実はこれが、かなり難しい!当然の事ですが、読者がその設定を受け入れ、納得しなければ、ヒロインに共感して、物語に浸ることなどできません。多数の作品を読んできての実感ですが、ここにこそ、作者さまの若さが露見しやすいと私は思いました。

一言に辛い状況といいますが、どんな状況を辛いと感じるか、それは個人の価値観によってまちまちです。一般的に、年齢があがり、経験を重ねて人生を歩んできた人間は、若く幼い人々よりはそのラインがシビアになっていくのは当然です。
作者さまが、いかにヒロインをかわいそうに描いているつもりでも、イイ年をした私のようなスレタ?大人の読者にとっては、「えっ、どこがかわいそうなの?」あるいは、「かわいそうかもしれないけれども、これって、自分のせいだわねえ・・・・。」と思うこともしばしばです。同様にがんばっているとされるヒロインに対しても、「どこががんばっているわけ?これって当たり前のことをしているだけじゃあないの・・・・」という少々意地の悪い感想もよく持ちます。当然ヒロインへの共感も好感度も上がりません。加えて、(ほとんどがそうですが)作中でそのヒロインにとってつらい・・・・とされる状況の責任は全て他にあるように決め付けられて話が進んでしまっては、もうついていけません。

イイ感じで読み進んでいたのに、作者の方の(実年齢とは限らない内面の)若さが露呈したな、惜しいなと思うのはそんな時です。まあ、現実に、若い作者さまが、価値観を等しくする同年代の読者層を意識して綴られた物語だから価値観の違う年嵩の読者はお呼び出ないと言われてしまえばそれまでですが・・・・・(^^ゞ

紹介文を複数読まれたお客さまはお気づきかと存じますが、文中で、私はよく説得力という言葉を用います。
小説はフィクションの世界です。
作者さまは全知全能の神です。
作者さまが描きさえすれば、何でもありです。
何でもありだからこそ、言葉は悪いですが、騙してナンボの世界でございます。
作者さまがいかに巧みに読者を騙してくださるか、その世界に浸らせてくださるか、酔わせてくださるか・・・・それこそが作者さまの腕(筆)の見せ所であり、説得力のあるなしが問われます。

作者さまの若さ・青さをぼやきたくなる作品に触れるたび、大人の読者を満足させるためには、これとは対極の熟した説得力が必要なんだよなあと、しみじみ思う管理人でございました。
                                          ・・・年のせいかなあ 
                                  アニメお茶




蛇足   ラインへび50
        アイコンくつアイコンくつ                アイコンくつアイコンくつ
申すまでもございませんが、お若くてもすばらしく説得力がある作品を描かれる作者さまもおられます。若さゆえの瑞々しい感性を管理人は、心から賛美しております。文中で管理人が繰り返しぼやいた若さとは実年齢のことを申しあげているのではございませんが、それについてはまたの機会に・・・・。

FC2カウンター

プライベート
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

はっち

Author:はっち
オンライン作品のファンです。
好きが昂じて大人の女性向きのオンライン作品紹介ブログCocktail Break を立ち上げました。またこの度、少女漫画テイストの作品をご紹介する新館放課後のCafeも開設いたしました。こちらはその楽屋裏です。
直接こちらへおいでになったお客様もぜひ一度お運びくださいませ。本館 CocktailBreak

新館 放課後のCafe

最新記事
カテゴリー
ユーザータグ

お返事 拍手 更新報告 お知らせ 日常 読了リスト ぼやき 萌え叫び  * 

メールフォーム
クリック募金
お世話になっているサイトさま
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。